来場者に作品の説明をする木村さん(右端)=三島市のギャラリープラザ

 三島市本町のみしまプラザホテルの別館にあるギャラリープラザで、野生生物画家の木村修さん(65)=山梨県山中湖村=の個展「生き物を描く」が開かれている。

 同展には動・植物図鑑や科学絵本の原画、野鳥やクマ、オオカミなど、自然の中の生き物を生き生きと描いた絵画、約40点が並ぶ。

 木村さんは「感動がないと絵にはできない」と語る。自然をテーマに、移りゆく季節の中での動物や植物との「一期一会」の一瞬の感動を絵にしているという。

 木村さんは「絵を通して自然を感じることで、視点を変えて、皆さんの身近にある自然も見てほしい」と話している。

 7日まで。時間は午前11時~午後6時(最終日は5時)。

 【写説】来場者に作品の説明をする木村さん(右端)=三島市のギャラリープラザ