見頃を迎えているシャクナゲ=伊豆市の修善寺虹の郷

 指定管理者がシダックス大新東ヒューマンサービスに代わり、4月27日にリニューアル・プレオープンした伊豆市の修善寺虹の郷で、シャクナゲが見頃を迎えた。ピンクや白、赤など色鮮やかな花が、訪れた人たちを楽しませている。

 園内のしゃくなげの森に、約150種2100本が植えられ、現在中咲き種が見頃を迎えている。今月中旬ごろまで楽しめるという。担当者は「園内ではこれからショウブやバラ、アジサイなども咲いてくる」と話す。

 好天に恵まれた5日も、多くの家族連れやカップルが訪れた。三島観測所では最高気温24・4度を記録。暦の上では夏となる6日の「立夏」を前に、汗をぬぐったり、帽子を深くかぶったりする人が見られた。

 【写説】見頃を迎えているシャクナゲ=伊豆市の修善寺虹の郷