市の未来像をテーマに意見交換する市民と議員=伊豆市の中伊豆ふれあいプラザ

 ■市の未来像意見交換

 伊豆市議会は20日夜から、議会報告会「みんなで語る会」を開いている。24日まで全4地区で開催。市の本年度一般会計予算概要を説明した後、ワークショップで市民と意見交換している。

 初日は中伊豆ふれあいプラザで開いた。総額178億9900万円の一般会計予算の主な事業、3月議会で審査した内容、反対・賛成討論などを説明した。

 ワークショップは「人口減少に伴う伊豆市の未来像」をテーマに意見交換した。初日は「伊豆市で家を建てたいと思っても土地がない」「若者がいないことで地域がまとまる例もある」「地域づくり協議会の予算をもう少し柔軟に使えないか」などの意見が出た。

 21日は天城湯ケ島支所で開催。23日は土肥支所、24日は修善寺生きいきプラザで開く。いずれも午後7時~8時半の予定。問い合わせは同市議会事務局〈電0558(72)9906〉へ。

 【写説】市の未来像をテーマに意見交換する市民と議員=伊豆市の中伊豆ふれあいプラザ