「TUV(テュフ)認証」を取得した岩田自動車鈑金工業=函南町丹那

 ■最新構造にも対応 「自動車の“総合病院”に」

 事故車両の修理をはじめとした自動車の鈑金塗装を手掛ける、函南町の岩田自動車鈑金工業(本社・同町丹那)が、欧米を中心とした国際(グローバルスタンダード)認証制度で知られる「TUV(テュフ)認証」を取得した。高度な修理方法と、高い品質を提供できる工場として、ドイツに本社を置く国内唯一の第三者機関「テュフ・ラインランド・ジャパン」が認める公的制度で、県東部、伊豆地区では初めてとなる。

 認定は、同機関が中立・客観的な監査を行い、これまで日本国内で48事例しか報告がない。今回、最新の自動車構造にも対応できる設備を備えている点や、現場従事者らの健康を考えて、より“環境効率”が高い補修作業ができる点などが評価された。約200項目の基準で、ほぼ100%達成したという。

 同社は2020年に創業50年を迎え、鈑金塗装にこだわらず、整備工場も備え、緊急ロードサービスなどにも対応することで「地域ナンバーワンの自動車の“総合病院”」を目指している。高い技術力が顧客満足度にもつながっているといい、今回の認証を受けて同社は、「国際的な公的機関から、しっかりとした評価を受けたことで、これまで以上に地域密着に努め、『常に時代に選ばれる企業』を目指していきたい」と、さらなる向上に意欲を示している。

 【写説】「TUV(テュフ)認証」を取得した岩田自動車鈑金工業=函南町丹那