重厚なハーモニーを響かせ、来場者を楽しませる男声合唱「ボスコ」=三島市民文化会館

 男声合唱「ボスコ」(遠藤隆団長、会員15人)は26日、三島市民文化会館で第3回コンサート「ポエムの世界を歌う」(伊豆日日新聞など後援)を開いた。来場した約330人は男声合唱の重厚なハーモニーを楽しんだ。

 コンサートは「朧月夜(おぼろづきよ)」で開幕。春の情景をしなやかな響きで歌い上げ、会場から熱い拍手が送られた。4部構成で計20曲を発表。

 1部は四季の美しさを歌った童謡を、2部はアカペラで男声合唱組曲を、3部は「知床旅情」など時代と共に歩んだ曲。4部は世界の曲から愛唱歌を披露した。

 同合唱団は1992年に誕生。団員は三島、伊豆、伊豆の国、伊東、沼津市などから集まり、沼津市で毎週練習を行っている。指揮、指導は高橋孝さんが務め、3~4年に1回のペースでコンサートを実施している。

 【写説】重厚なハーモニーを響かせ、来場者を楽しませる男声合唱「ボスコ」=三島市民文化会館