禁煙スペースに啓発ポスターを掲出する職員=函南町役場

 ■世界禁煙デー

 「世界禁煙デー」(31日)に伴い、県内の自治体で禁煙週間(~6月6日)の周知を呼び掛ける啓発活動が行われている。受動喫煙の予防に力を入れている函南町は31日~6月3日の4日間、町内10カ所の公共・観光施設を全面禁煙にし、灰皿を撤去。各施設には禁煙を促すポスターを掲出する。

 期間中の全面禁煙施設は昨年より2カ所増やした。今年初めて木立キャンプ場と老人いこいの家で実施する。

 また、7月1日の改正健康増進法施行に伴い、役場本庁舎内は1カ所の喫煙場所を残して、禁煙を徹底する。

 町健康づくり課は「普段喫煙する人は、禁煙デーを通して、子どもやたばこを吸わない人に配慮した喫煙を考えてほしい」と呼び掛けている。

 【写説】禁煙スペースに啓発ポスターを掲出する職員=函南町役場