新緑に包まれる三島市立公園の楽寿園=三島市一番町

 ■庭園巡りツアーなど計画

 三島市一番町の市立公園楽寿園は、沼津御用邸記念公園など近隣3公園と共に「富士・箱根・伊豆『皇室ゆかりの庭園』ツーリズム協議会」を構成している。庭園間の連携や、枠組みを超えた魅力再発見の取り組みと計画が、国土交通省が新たに創設した「ガーデンツーリズム登録制度」に認定された。

 登録決定は5月30日付。第1弾として他に北海道ガーデン街道、にいがた庭園街道、エモーショナルガーデン・浜名湖、宮崎花旅365など6計画が認められた。

 同園は「同制度の登録を受けることで、ガーデンツーリズムの取り組みが国内外にPRされることになる」と歓迎している。

 ほか二つの構成庭園は秩父宮記念公園(御殿場市)、恩賜箱根公園(神奈川県箱根町)で、登録制度の創設は、国が地域の活性化と庭園文化の普及を図るとともに“魅力を十分に伝え切れていない『隠れた庭園・花の公園』”を内外にアピールする狙いがある。

 今後、皇室ゆかりの庭園巡りツアーや周遊スタンプラリー、共通ポストカードやチケット、土産物の販売などを計画していく。

 【写説】新緑に包まれる三島市立公園の楽寿園=三島市一番町