ダイドードリンコが設置した「伊豆応援自販機」1号機=伊豆市の修善寺総合会館

 ■ダイドードリンコ

 清涼飲料販売大手のダイドードリンコは3日、伊豆半島ジオパークの世界認定を記念した「伊豆半島応援自販機」の1号機を伊豆市の修善寺総合会館に設置した。記念ラッピングのデザインは、伊豆半島ジオパーク推進協議会と美しい伊豆創造センター(美伊豆)が協力した。

 同社は3月から、伊豆半島を盛り上げる方法の検討を重ねた。ジオの世界認定と、美伊豆が発信している伊豆の観光情報に着目し、3者で記念ラッピングのデザインを話し合った。ラッピングは正面と側面で、大室山や浄蓮の滝などジオサイトの写真を配した。背景色は環境に配慮し、茶色にした。

 下部パネルには、美伊豆が運営する「ゆうゆうネット伊豆」のQRコードを表示した「伊豆仕様」とし、観光客がスマートフォンで旬の情報を得られるよう工夫した。

 今後は伊豆半島内にある約500台の自販機について、下部パネルを切り替える方針。新設する自販機には、ジオのラッピングを施す。同社中部第2支店の荒木学・エリア統括は「自販機を通して伊豆半島に恩返しがしたい」と話した。

 【写説】ダイドードリンコが設置した「伊豆応援自販機」1号機=伊豆市の修善寺総合会館