豊岡市長に受賞を報告する山本社長(左)=三島市役所

 ■「担い手確保」など評価 

 中小企業庁が選定する「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に三島市のわさび漬け製造販売の「山本食品」(山本豊社長)が選ばれた。10日、山本社長(57)が市役所を訪ね、豊岡武士市長に報告した。

 同社は5代目となる一樹さん(28)への事業継承が円滑に進むよう各部門を経験させたり、女性を重要ポストに積極的に登用するなど、人手不足に向けたさまざまな対策で「担い手確保」を行っていることが評価された。

 山本社長は「三島ブランドに認定されたワサビ専用のおろし板『鋼鮫(はがねざめ)』もとても好評。三島のワサビ屋として、三島からワサビに関連したものを三島ワサビとして、全国に、世界に発信していきたい」と語った。

 豊岡市長は「三島には『三島ブランド』がいっぱいある。三島のブランド化に向けて、頑張ってほしい」と語った。

 【写説】豊岡市長に受賞を報告する山本社長(左)=三島市役所