移住に向け地域を見学する移住希望者ら=南伊豆町蛇石

 ■町と未来塾

 南伊豆町とNPO法人伊豆未来塾(石川憲一理事長)は4日、同町への移住希望者を迎え「みなみいず暮らし現地セミナー」を開いた。首都圏中心に30~60代の7人が参加。物件見学や農漁業体験、先輩移住者との交流会などを行い「100パーセント住もうと思っている」と話す人もいた。

 町役場に現地集合。バスに乗り込み石川理事長や地域おこし協力隊員が案内した。日帰りで半日ほど、野菜の収穫体験や空き物件見学をした。蛇石の物件で庭に芽吹いたフキノトウや裏山のミカン畑を前にすると、「生ジュースが毎日飲める」と歓声が聞かれた。

 1人で参加した40代女性は「伊豆市や東伊豆町の移住体験にも参加した。同じ伊豆でも違いがあり、南伊豆は海と山里がすぐ近くでいい」と魅力を語った。夫婦で参加した50代男性は「10年ほど前から南伊豆に来ているが、ネックは仕事。下田市で探している」とし「山間の家は老後を考えると不安。交通手段がほしい」と移住へのハードルを話した。

 【写説】移住に向け地域を見学する移住希望者ら=南伊豆町蛇石