道路整備の推進を呼び掛ける代表世話人の森県議=下田市民文化会館

 伊豆半島の道路整備の推進を目的とした「伊豆半島道路研修会」が11日、下田市民文化会館で開かれた。賀茂地区の観光商工関係者など約100人が出席。国交省沼津河川国道事務所の梅村幸一郎所長と県交通基盤部の井ノ口秀彦道路局長を講師に、伊豆の道路事業の進ちょくや道路を活用した地域づくりを学んだ。

 伊豆縦貫道「天城湯ケ島―河津」区間建設期成同盟会、自民党下田市・賀茂郡連絡協議会、下田建設業協会の3者が共催した。

 梅村所長は「年間4500万人の来遊客が訪れている伊豆は、大変ポテンシャルの高い地域」と評価した上で、東駿河湾環状道路や圏央道などの道路整備効果で徐々に来遊客が増えていると説明。道路を演劇の舞台に例え「どのような地域にしたいのか、みんなで考え、それを大道具係であるわれわれに提言してほしい。それに応じた最高の舞台を用意する。舞台だけではなく、俳優(地元住民)と観客(観光客)がそろっていなければ演劇にはならない」と地域の自助努力を促した。

 井ノ口道路局長は、伊豆半島道路ネットワーク会議で製作した中長期の伊豆半島道路整備実施計画を説明し「予算を付けるには、道路ができるとこんなことができる、といったストック効果をはっきり示していくことが必要」と強調した。

 代表世話人の森竹治郎県議は「国・県とも厳しい財政の中、伊豆の道路予算を確保している。力を合わせ道路整備を加速させていこう」と呼び掛けた。

 【写説】道路整備の推進を呼び掛ける代表世話人の森県議=下田市民文化会館