花畑のシーズンに合わせて開設した源泉かけ流しの足湯を楽しむ親子連れ=松崎町那賀

 松崎町那賀の「田んぼをつかった花畑」で15日、源泉かけ流しの足湯の無料開放が始まった。5月11日まで、次々に咲く花の景色を眺めながら湯船を楽しむことができる。

 農閑期の水田を活用した花畑(約6万2千平方メートル)には、6種の花の種がまかれ、現在は黄色やオレンジ色のアフリカキンセンカの開花が進んでいる。ルリカラクサやヒメキンギョソウも徐々に開花し始め、4月なるとツマシロヒナギク、ヤグルマソウなどが見頃を迎える。町によると開花状況はほぼ例年並み。5月1~5日は無料で花摘みも楽しめる。

 足湯は縦約5メートル、横3メートルのスペースに四つの湯船を設置。35~40度に調整し、湯船ごとに好みの温度を楽しめるようになっている。子ども2人を連れて訪れた地元の主婦(41)は「とても気持ちが良い。ぜひまた家族で利用したい」と話した。問い合わせは町企画観光課〈電0558(42)3964〉、町観光協会〈電0558(42)0745〉へ。

 【写説】花畑のシーズンに合わせて開設した源泉かけ流しの足湯を楽しむ親子連れ=松崎町那賀