弁当箱に手作りの総菜を詰める会員たち=南伊豆町の下賀茂商店街

 ■期間限定、日替わり総菜人気

 南伊豆町の郷土料理グループ・野ぶきの会が16日、下賀茂商店街の空き店舗でお試し出店を始めた。期間限定で総菜などを販売。町商工会の下賀茂商店街空き店舗対策事業の一環で、多くの客が訪れた。代表の山本ふみ代さんは「想像以上の人出。遠くから来る人も多い」と話し、正午前に用意した70食を売り切った。

 好きな総菜を弁当箱に詰めて買うことができる。メニューは日替わりで、初日は菜花のナムルや大根煮、サンマずし、サザエご飯などを並べた。

 同会は商工会女性部有志を中心に、40~70代の女性10人で組織する。場所は前原橋交差点近くのなまこ壁の店。開設日は17、21、23、27、28、29、30日。時間は午前10時半~午後1時半。問い合わせは山本代表〈携帯090(7952)2035〉へ。

 商店街には同事業対象の空き店舗が8カ所あり、町商工会は来年度、利用拡大を図る。同事業への問い合わせは町商工会〈電0558(62)0675〉へ。

 【写説】弁当箱に手作りの総菜を詰める会員たち=南伊豆町の下賀茂商店街