イブオの花嫁としてやって来たイロハ      =東伊豆町稲取の伊豆アニマルキングダム

 ■母親と“3頭暮らし”

 東伊豆町稲取の伊豆アニマルキングダムにこのほど、アミメキリンの雌「イロハ」(1歳半)が嫁入りした。

 同園生まれの雄の「イブオ」(7歳)の花嫁として、山口県周南市の徳山動物園からやって来た。体長約3メートル、体重400キロ。現在はキリンの展示場と別の公開エリアでイブオの母親「ナオコ」(17歳)と過ごし、新しい環境に順応する準備を整えている。

 イブオとの“お見合い”と、ナオコを交えたキリン3頭の生活(一般公開)は4月中旬ごろスタートになる見通し。関係者は「イブオは女の子が大好き、イロハは好奇心旺盛。相性は良さそう」と語り、2011年誕生のイブオを最後に途絶えている繁殖に期待を寄せている。

 【写説】イブオの花嫁としてやって来たイロハ=東伊豆町稲取の伊豆アニマルキングダム