辞令を交付される新入団員=下田市の下田中

 下田市消防団(岩本正団長、団員357人)は4日夜、2017年度の入団式を市立下田中体育館で開いた。関係者約100人が見守る中、新入団員15人と再入団員8人が辞令を受け、住民の安全を守るために尽力することを誓った。

 新入団員を代表し第1分団の田中秀矢さんが「良心に従って忠実に消防の義務を遂行する」と宣誓。岩本団長は「災害から市民の命、身体、財産を守ることが消防団の使命。訓練や防災活動に積極的に参加して消防技術を磨き、第一線で活躍できるよう頑張ってほしい」と激励した。

 福井祐輔市長は「地域の状況をよく理解し関係組織と協力して、災害発生時に迅速な対応をしてほしい」と呼び掛けた。

 【写説】辞令を交付される新入団員=下田市の下田中