山菜狩りを楽しむ稲取保育園児=東伊豆町稲取の細野高原

 東伊豆町稲取、細野高原の山菜狩り園が本格オープンした。ワラビやゼンマイの採り放題を楽しめる。14日は招待された私立稲取保育園児40人が歓声を上げた。

 約90ヘクタール(東京ドーム19個分)の広さを誇る恒例イベント。稲取地区特別財産運営委員会が主催している。

 今年は8日に開園したが、寒さで生育が遅れ、11日まで入山無料にしていた。また昨年「山菜が細い」との指摘があり、試験的に鶏ふん肥料を園内道路沿いにまき様子を見ている。

 園児たちは「いっぱいある」「採れたよ」と声を響かせながら5~10センチ前後の山菜を次々とつみ採った。「ばあばがおみそ汁にしてくれるの」と話す女の子もいた。

 開園は5月7日まで午前8時~午後3時、雨天中止。入山料は、一般が大人500円、小学生200円。町内居住者が大人200円、小学生無料。町内宿泊者が大人300円、小学生100円。問い合わせは町観光協会〈電0557(95)0700〉へ。

 【写説】山菜狩りを楽しむ稲取保育園児=東伊豆町稲取の細野高原