集まった支援者を前にあいさつする岡部氏=南伊豆町下賀茂の岡部氏後援会事務所

 ■「協調し町政進める」

 南伊豆町長選(25日告示、30日投開票)に立候補を予定している新人岡部克仁氏(54)=二条=の後援会決起集会が16日、下賀茂の事務所で開かれた。約180人(後援会発表)を集め、さらなる支援拡大を呼び掛けた。

 吉沢昭後援会長は「少しずつ前が見えてきた。現職は強いが、あと一歩まで来ている」と活動の感触を述べ、山口絹代女性部長は「岡部氏は人の話に耳を傾けることができ、若さと行動力がある」と人柄を語った。

 岡部氏は「町民を向いていない」と現職・梅本和熙氏を批判。地熱発電事業について「(現職は)住民や温泉利用者の反対を聞かずに進めている。コンクリートの塊の発電所が本当に必要なのか。今止めないといけない」と見直しを訴えた。「優秀な役場職員、後援会、議員らと話しながら町政を行う。高校生医療費無償化などの福祉や、観光振興を皆さんと協調し進めたい。これは梅本町政に終止符を打つ選挙だ」と呼び掛けた。

 【写説】集まった支援者を前にあいさつする岡部氏=南伊豆町下賀茂の岡部氏後援会事務所