あいさつする飯田氏=河津町役場議場

 河津町議会臨時会が18日、開かれ、1日から空席となっていた副町長に町区長会長の飯田起与(きよし)氏(59)=川津筏場=を選任する案に全会一致で同意した。任期は19日から4年間。

 飯田氏は、1976(昭和51)年、東電学園高等部(東京都日野市)を卒業し東電に入社、沼津支店管内で主に配電業務を担当した。2007年に退社、農業に従事し伊豆森林管理署非常勤職員として勤務した。03~15年に上河津財産区議員を務め、ほかに町消防団第5分団長、大堰区長、民生委員児童委員を歴任した。

 質疑で相馬宏行町長は飯田氏について「行政経験はないが、培った経験でしっかり判断してもらえる」と答えた。議会後の議場で飯田氏は「会社員と財産区議の経験を生かし、明るく元気に職員と共に町長を支えていきたい」とあいさつした。

 【写説】あいさつする飯田氏=河津町役場議場