河津川にアユを放流する河津西小生=河津町小鍋の小鍋橋付近

 河津町の河津川非出資漁協(島崎光夫組合長)はこのほど、町立西小と南小生計100人を対象に各校近くの同川でアユの体験放流を行った。

 川やアユ、郷土への理解を育むことなどを狙いに毎年行っている。海産と人工産150キロずつ300キロ約3万匹を用意し、役員ら14人が出た。西小2、3年生21人が小鍋の小鍋橋付近で、南小3、4年生79人が笹原の荒倉橋付近で体験した。

 島崎組合長が「1年のアユの成長を願って放流してほしい」と呼び掛けた。子どもたちは持参したバケツに分けてもらい「ピチピチだ」「すべすべしてる」などと声を上げ優しく川に放した。西小3年の大野凛美さんは「去年より上手にできた。大きく育って戻ってきてほしい」と話した。

 アユ釣り解禁は6月4日。遊漁料は年券6千円、日釣り券千円(現場売り500円増し)。問い合わせは同漁協〈電0558(34)0316〉へ。

 【写説】河津川にアユを放流する河津西小生=河津町小鍋の小鍋橋付近