委嘱状を受け取る向原さん(左)=下田市役所

 ■「魅力組み合わせPR」

 下田市の地域おこし協力隊として、川崎市から移住した向原一平さん(40)=藤枝市出身=が着任した。このほど委嘱状交付式が市役所で行われ、福井祐輔市長が委嘱状を手渡した。観光振興を担当し下田市観光協会で活動する。「人の縁、地の縁があった。いろいろな下田の魅力を組み合わせPRしていきたい」と抱負を述べた。

 向原さんは長年広告代理店・東急エージェンシーに勤務し、自治体と連携した地方活性を手掛けた。同市を舞台としたテレビアニメ「夏色キセキ」放映時は、市観光協会や市商工会議所による「夏色観光協会」設立に携わった。河津町でも「河津わさびで泣かせ隊」の副長を務めた。

 東京都渋谷区の魅力を伝えるWEBマガジン「渋谷新聞」を手掛けた経験から、観光協会での肩書は編集長。愛知県立大卒。妻と2人で吉佐美に住む。

 【写説】委嘱状を受け取る向原さん(左)=下田市役所