海賊船征伐を再現し海上で爆発炎上する木造船=西伊豆町仁科の堂ケ島公園

 西伊豆町仁科の堂ケ島公園で24日夜、「堂ケ島火祭り」(町観光協会主催)が開かれた。迫力ある約3千発の花火が夏の夜空を彩り、名物の海賊船征伐を再現した豪快なクライマックスで、会場の熱気は最高潮に達した。

 約600年前に西伊豆の海で暗躍していた海賊を、地元の若者たちが火矢で撃退したという伝説にちなんだ恒例のイベント。湾内に浮かべた全長15メートル、幅3・6メートルの木造海賊船に点火し、爆発・炎上するシーンでは、堂ケ島火祭りならではの演出に来場者から大きな拍手と歓声が上がった。

 約6千人が訪れ、地元のゆるキャラ「馬ロックん」ダンスパフォーマンスなど多彩なステージイベントも盛り上がった。昨夏に続き、今年も開催した海賊のコスプレ衣装撮影コーナー「海賊王は私だ!」イベントも親子連れに人気だった。

 【写説】海賊船征伐を再現し海上で爆発炎上する木造船=西伊豆町仁科の堂ケ島公園