イグサ雑貨作りに挑戦する子どもら=東伊豆町稲取の東海汽船事務所

 東伊豆町稲取の東海汽船事務所で26日、「親子でものづくり一日体験教室」が始まった。地元の手工芸作家らを支援するNPO法人ものづくりOET(西尾八恵美理事長)が主催した。初日は観光客や地元の小学生ら5人が参加し、イグサの雑貨作りを楽しんだ。

 ものづくりを通して親子の絆を深めてもらおうと初めて企画した。

 この日は地元の畳職人・佐藤正直さんが講師を務めた。参加者はペン立てやコースター、敷物作りに挑戦。イグサを切ったり編んだり、水玉や花模様の千代紙を貼り付けるなどしてオリジナルの作品を完成させた。石黒澄空(そら)君(稲取小2年)は「きれいなペン立てができた。家で使う」と話した。

 同教室は28、29日、8月2、4、6日にも開く。一般参加も可能で行灯風ライト、一閑張り、クレヨンアート、着物リメークなどの教室がある。申し込みは同NPO〈携090(7681)4348〉へ。

 【写説】イグサ雑貨作りに挑戦する子どもら=東伊豆町稲取の東海汽船事務所