佐々木教育長らに帰国報告をする中学生4人=下田市中央公民館

 ■「英語通じうれしい」

 下田市と姉妹提携する米国ニューポート市に「2017年度公式交流訪問団」として派遣された中学3年生4人が28日、中央公民館内の市教育委員会を訪れ、佐々木文夫教育長に帰国報告をした。約1週間の異文化体験について感想を語った。

 報告に訪れたのは土屋萌香さん(稲梓)鈴木大登君(稲生沢)田中彩里さん(下田東)土屋龍誠君(下田)。7月11日に渡米し13日からニューポート市の黒船祭に参加、地元の中学生やホームステイ先の人たちと交流した。4人は充実した表情で「意思疎通ができるかどうか不安だったけど英語が通じてうれしかった」「異文化交流やハリスの墓参もできて貴重な経験になった」などと述べた。

 佐々木教育長は「五感を使っていろいろなことを吸収し、本当に良い体験をしたと思う」と話した。

 【写説】佐々木教育長らに帰国報告をする中学生4人=下田市中央公民館