精神を統一し、座禅を体験する参加者=下田市加増野の報本寺

 下田ワイズメンズクラブ(臼井啓太郎会長)は30日、下田市加増野の報本寺で青少年座禅教室を開催した。市内から公募した小学生親子約50人が伝統の仏教文化に触れた。

 夏休み恒例の催しで、今年で10回目。参加者は、本堂に集まり、富永隆明住職から禅の心得や作法を学び、15分の座禅を2回体験した。

 「姿勢を正し、呼吸を正し、心を正し、何も考えず自分を見つめるべし」といった教えを受け、精神を統一した。「警策(けいさく)」による肩打ち体験もした。

 この後、全員で本堂を掃除。近くの農産物加工施設「ポーレポーレ」に移動し、カレーライスとかき氷を味わいながら交流した。

 【写説】精神を統一し、座禅を体験する参加者=下田市加増野の報本寺