■土地利用指導要綱を改正

 東伊豆町は、大規模太陽光発電所(メガソーラー)の施工区域面積2千平方メートル以上の計画に対し町の承認が必要になるよう、土地利用事業の適正化に関する指導要綱を改正した―と31日、発表した。

 太田長八町長が定例会見で報告した。メガソーラー設置が国内で進んでいることから、太田町長は「町の景観を守るために必要な措置を取った」と話した。

 同指導要綱にはこれまで、太陽光発電施設が含まれていなかった。改正は5日付で施行された。町土地利用対策委員会の承認が義務付けられた。