■自転車キャラバン隊9人

 2020年の東京五輪旗とパラリンピック旗を披露する「フラッグツアー」の自転車キャラバン隊9人が1日夕、下田市役所に到着した。

 フラッグツアーは、自転車競技が伊豆市の伊豆ベロドロームで行われるため、自転車で県内市町を巡回している。フラッグは先月30日、伊豆ベロドロームでフラッグアンバザダーを務める岩崎恭子さん(沼津市出身バルセロナ五輪競泳金メダリスト)から引き継いだ。

 キャラバン隊は1日、富士宮市を出発し、函南町を経て熱海市から伊豆東海岸を南下、この日の最終目的地の下田市に到着した。

 市役所では、多くの市民が歓迎した。1964年東京五輪の聖火ランナーを伴走した経験がある福井祐輔市長は「高校2年生だったが、当時の高揚感を思い出した。大いに盛り上げていきたい」とエールを送った。2日は下田から南伊豆、西海岸を回った。

 【写説】下田に到着した五輪・パラリンピックのキャラバン隊=下田市役所