賞状とメダルを福井市長に披露する進士さん=下田市役所

 ■州日米協から感謝状も 黒船祭貢献など評価

 下田ニューポートクラブ事務局長の進士薫輝さん(74)=下田市白浜=が、下田市と姉妹提携を結ぶ米国ロードアイランド州・ニューポート市から市民栄誉賞、ロードアイランド州日米協会から感謝状を受けた。栄誉賞は下田では2人目となる。長年にわたる日米親善活動やニューポート黒船祭への貢献などが評価された。2日、進士さんは表彰状とメダルを手に市役所を訪れて福井祐輔市長に受賞を報告した。

 進士さんは市職員だった1990年に、下田の黒船祭に参加するニューポート代表団の受け入れに関わった。それ以降、毎年同代表団のメンバーを自宅に招いて生け花や漢字を教えたり、パーティーを開いたりして親交を深めてきた。91年から2017年まで計11回、ニューポートの黒船祭に参加し、04年の同クラブ設立時から事務局長を務め日米交流の発展に尽力している。姉妹提携締結60周年を迎える来年は記念誌の作成も検討している。

 表彰式は今年7月13~16日に開かれた「第34回ニューポート黒船祭」の公式式典で行われた。進士さんは受賞を喜び「今後の交流の力になる若手を育てたい」と語った。福井市長は受賞をたたえ「60周年の来年も協力してほしい」と話した。

 【写説】賞状とメダルを福井市長に披露する進士さん=下田市役所