外海と全く違う穏やかな波で海水浴を楽しむ親子連れ=南伊豆町の子浦海水浴場

 台風の接近で賀茂地区の多くの海水浴場が遊泳禁止になった4日、南伊豆町の妻良湾奥深くにある子浦海水浴場は多くの観光客でにぎわった。約100台の車で駐車場が埋まった。

 気象庁の石廊崎の波浪計は午前6時に2・7メートルを観測したが、江戸時代に風待ち港だった子浦はほとんど波がなかった。浜辺でわずかに白波が立つ程度で、家族連れが多く訪れた。

 地元区の当番で監視をしていた安田清さんは「普段はさざ波だけで、今日は子浦にとっては高い」と話し、久々の“高波”で打ち上がったごみの片付けに汗を流した。

 【写説】外海と全く違う穏やかな波で海水浴を楽しむ親子連れ=南伊豆町の子浦海水浴場