ハーシュランドさん(右)らと一緒に「Tシャツ絞り染め」を体験する子どもたち=西伊豆町の旧田子中

 西伊豆町で活動する国際交流員(CIR)のヘイリー・ハーシュランドさん(26)が、町内の小中学生を対象にしたサマーキャンプ(町内留学)を企画した。小学6年生から中学3年生までの男女19人が4、5の両日、1泊2日で海外のゲームや食事を楽しみながら、英語に親しんでいる。

 海外の文化体験を通じ、児童や生徒に英語をより好きになってもらおうと考案した。外国語指導助手(ALT)のデイナ・ナイバーグさん、リンジー・ベローンさん、ジリアン・チェインバーズさんら3人も協力、田子の旧田子中を拠点に開催した。初日は子どもらが米国から取り寄せた染料を使った「Tシャツの絞り染め」、アメリカン・ハンバーガー作りなどに挑戦した。

 キャンプ中、一番上手に英語を話せた参加者には「BES(ベスト・イングリッシュ・スピーカー)賞」を贈り、ハーシュランドさんは「授業だけではなかなか味わえない“日常生活の英語”を学び、体感することで、英会話に積極的になってもらえればうれしい」と話した。

 【写説】ハーシュランドさん(右)らと一緒に「Tシャツ絞り染め」を体験する子どもたち=西伊豆町の旧田子中