優しげな明かりが彩りを添える手作り竹灯籠=河津町谷津の河津平安の仏像展示館

 河津町谷津の「伊豆ならんだの里 平安の仏像展示館」で5、6の両日夜、「夕涼み観覧」が行われた。手作りの竹灯籠と行灯(あんどん)約500個が館内や、隣接する南禅寺(なぜんじ)参道や境内に配置され、優しげな明かりで彩りを添えた。

 展示館指定管理者の谷津区が地域活性化の一環で行っており5年目。モウソウチクに飾り穴を開けるなどした高さ150~20センチほどの竹灯籠と、区内の小学生・園児が花火やスイカ、アニメキャラクターなどを描いた絵入り行灯を置いた。

 柔らかな光に照らし出された仏像は日中とは異なる表情が浮かび、行灯はかわいらしい絵入りの約40個が見る人を引きつけた。

 かき氷やラムネを販売したほか、5日にはミニコンサートもあり多くの人を楽しませた。

 【写説】優しげな明かりが彩りを添える手作り竹灯籠=河津町谷津の河津平安の仏像展示館