名物の海上花火にカメラを向ける砂浜いっぱいの観客=南伊豆町の弓ケ浜海水浴場

 ■40回の節目に1万3000人来場

 今年40回目を迎えた南伊豆町の「弓ケ浜花火大会」(実行委員会主催、町後援)が8日夜、弓ケ浜海水浴場で開かれた。例年の2倍の2千発が夜空を彩り、観客1万3千人(主催者発表)が酔いしれた。

 宿泊客に喜んでもらおうと始まった恒例行事で、8が三つ重なる8月8日午後8時にスタートする。名物の海上花火やスターマインなど次々打ち上がる大輪に、観客はカメラを向け拍手を寄せた。

 【写説】名物の海上花火にカメラを向ける砂浜いっぱいの観客=南伊豆町の弓ケ浜海水浴場