福祉避難所の使用協定に調印する内田理事長(右)と福井市長=下田市役所

 下田市は9日、社会福祉法人伊豆つくし会(内田哲正理事長)と「福祉避難所として施設を使用することに関する協定」を結んだ。

 災害が発生した場合、または発生するおそれがある場合に、伊豆つくし会が所有する伊豆つくし学園(加増野)、ワークあおぞら(宇土金)、グループホームたんぽぽ(宇土金)を福祉避難所として使用する。

 福井祐輔市長は「災害時要配慮者(要介護者や障害者など)対策として大変心強い」と期待感を示し、内田理事長は「しっかりと態勢を整え準備していきたい」と応えた。

 同様に同市は社会福祉法人梓友会(対象施設は梓の里、みくらの里)、社会福祉法人聖愛福祉会(対象はひかり保育園、稲生沢保育園)、下田温泉旅館協同組合(対象は加盟施設)の3団体と協定を結んでいる。

 【写説】福祉避難所の使用協定に調印する内田理事長(右)と福井市長=下田市役所