合図の号砲で一斉にスタートする参加者=東伊豆町稲取の細野高原

 東伊豆町稲取の細野高原で12日、トレッキングとオリエンテーリングを組み合わせたイベント「東伊豆アドベンチャーラリー2017」(同実行委員会主催)が開かれた。県内外から26チーム約80人が参加し、広大な草原の中でゲームやクイズを楽しみながらゴールを目指した。

 参加者は、直前に渡される等高線入りの地図とコンパスを頼りに最長約15キロのコースを“冒険”した。コース内に10カ所あるチェックポイント(CP)を4時間以内で探し出し、各CPに用意されたクロスワードパズルやボルダリングなどの課題をクリアして総得点数を競った。

 横浜市から家族4人で参加した浦川南海さん(11)は、スタート前に「細野高原がこんなに気持ちいい場所だとは思わなかった。楽しみながらゴールを目指したい」と話した。

 【写説】合図の号砲で一斉にスタートする参加者=東伊豆町稲取の細野高原