菊池さん(右)の指導で案内に必要な英会話を学ぶ受講者=河津町立文化の家

 河津町の「かわづふるさと案内人会」(板垣秀実会長)は20日、町立文化の家で一般公開講座「かんたんな英語でおもてなし」を開いた。

 6月に開いた「沢田石石切場跡見学会」に続く第2弾。英語で外国人客をもてなすことができるようにと企画し、会員や一般町民ら40人が受講した。

 講師はカリフォルニアなど米国で約20年過ごし出身地の同町峰に戻った菊池瑞子さんが務めた。中学で習った基礎英語を基に「駅はあそこです」「徒歩で10分ぐらいです」「Wi−Fiはコンビニで使えます」「どういたしまして」などの実践的な会話を指導した。

 菊池さんは「LとRの発音に気を付ける」「お気に入りの英語曲を聴き耳を慣れさせよう」「間違いを恐れず、とにかく話し掛けて」とアドバイスした。

 【写説】菊池さん(右)の指導で案内に必要な英会話を学ぶ受講者=河津町立文化の家