クラシックの名曲を奏でるバイオリニストの松村さん=下田市民文化会館

 下田市大賀茂出身のバイオリニスト松村宏樹さん(30)のリサイタルが24日、下田市民文化会館大ホールで開かれた。

 故郷で奏でる初の凱旋(がいせん)リサイタル。クライスラーの「愛の喜び」、サンサーンスの「アベ・マリア」など、6人の作曲家の名曲を演奏した。会場いっぱいに聴衆が詰めかけ、優美なバイオリンの音色を堪能した。

 松村さんは3歳でバイオリンを始め、東京音楽大、桐朋学園大学院を卒業した。都内を拠点に東京都交響楽団や読売日本交響楽団などと共演するほか、著名アーティストの録音やライブ、音楽番組などで活躍する。2014年には伊豆フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会でソリストを務めた。

 【写説】クラシックの名曲を奏でるバイオリニストの松村さん=下田市民文化会館