一足早くミカン狩りを体験する保育園児=東伊豆町稲取のふたつぼり

 東伊豆町稲取と奈良本(熱川)の3観光農園で10月1日、ミカン狩りが開園する。12月下旬まで。26日には稲取で保育園児が一足早く体験した。

 3園は、稲取の収穫体験農園ふたつぼり、熱川の丸鉄園と樋ノ口園。約2・5ヘクタールに1100本あるふたつぼりによると、昨年が大豊作だったため量が若干少なめだが「秋に入って好天が続いたので味は上々」という。

 ふたつぼりに稲取の私立三宝保育園の園児10人が町観光協会の招待で訪れた。園児たちは「黄色くて柔らかい実を選ぼう」と聞いてからはさみで上手に切り取った。その場で皮をむいてほお張り「甘いね」「おいしい」と笑顔を浮かべた。取りたてを絞ったジュースも味わった。

 料金は、採り放題・食べ放題で、稲取が大人500円、4歳~小学生400円、熱川が各400円、300円。雨天中止。問い合わせは同協会〈電0557(95)0700〉へ。

 【写説】一足早くミカン狩りを体験する保育園児=東伊豆町稲取のふたつぼり