初日の活動でクリスマスツリー作りに挑戦する参加者ら=下田市東本郷のJA伊豆太陽本店

 ■託児スペース、おもちゃも用意

 子育て世代の女性が対象の集いの場「JA伊豆太陽フレッシュミズ」が29日、下田市東本郷の同JA本店などを会場に始まった。同JA女性部が初めて企画した。管内在住の母親10人が参加し、来年3月まで計3回、ヨガや料理教室などの活動を通して交流を深めたり、学びあったりする。

 母親同士で楽しみながら、仲間づくりやスキルアップができる場所を提供するのが狙い。おもちゃや託児スペースも用意してあり、保育士免許を持つ職員が子どもの面倒を見るので安心して活動できる。本年度は試験的な位置づけだが、来年度以降は活動回数を増やすという。

 開講式も開かれ、進士克馬組合長が「友達の輪を広げて楽しく活動してほしい。組合としてもしっかりサポートしていく」とあいさつした。長谷川みよ子女性部長は「いきいきと活動して輝いてほしい」と話した。

 参加者は、初日の活動でクリスマスツリー作りに挑戦した。和気あいあいとおしゃべりを楽しみながら、綿の雪や星の飾りを付けるなどした。須崎の主婦・渡辺陽子さんは「友達に誘われて参加した。母親同士で情報交換できるし息抜きにもなる」と笑った。

 【写説】初日の活動でクリスマスツリー作りに挑戦する参加者ら=下田市東本郷のJA伊豆太陽本店