ソーラン節を披露する白浜小の4年生=下田市白浜の長田地区駐車場

 ■民謡、民舞 元気よく披露

 下田市の白浜地域振興協議会・同志会は4日夜、白浜の長田地区駐車場で4年ぶりとなる「お月見太鼓まつり」を開いた。多くの住民が集まる中、白浜小の児童や、よさこい翔華組が出演して祭りを盛り上げた。

 満月を見ながら秋の夜をにぎやかに楽しもうと、10年以上前に始まった。去年まで3年間は悪天候で毎回中止していた。

 同校4年生が岩手県の民舞「御神楽(みかぐら)」、6年生が北海道の民謡「ソーラン節」を元気よく披露し、よさこい翔華組も息の合ったパフォーマンスを見せた。途中で来場者も加わり白浜音頭が行われた。

 同協議会の飯田正明会長は「長い間待ちに待ってようやく開催できた。途中で満月も出て良かった」と話した。

 【写説】ソーラン節を披露する白浜小の4年生=下田市白浜の長田地区駐車場