花や風景を描いた個性豊かな日本画=下田市外ケ岡の道の駅・開国下田みなと

 下田市外ケ岡の道の駅・開国下田みなとで9日まで、日本画サークル上伸会(松崎達治会長)が第4回作品展を開いている。同会の展示会は2年ぶりで、同市と南伊豆町、西伊豆町、伊東市の会員14人が春夏秋冬の35点を出品した。

 上原近代美術館の日本画教室卒業生の団体で月に1回、下田市のサンワーク下田で活動している。出品作の題材は桜やアジサイ、キンメダイなどがある。作風は個性豊かで普通の日本画だけでなく、油絵のような立体的な筆致や植物画のような精細な作品も並ぶ。

 時間は午前10時~午後4時(9日は3時まで)で、場所はベイステージ2階。問い合わせは松崎会長〈電0558(25)3500〉へ。

 【写説】花や風景を描いた個性豊かな日本画=下田市外ケ岡の道の駅・開国下田みなと