受賞メニューを手にする亜梨沙さん(左)と咲君=南伊豆町役場

 ■特産ヒジキのドライカレー 来月、町内小中で提供

 南伊豆町立南伊豆東小5年の斉藤咲君(湊)がこのほど、「親子でつくる学校給食メニューコンクール」(県教育委員会主催)で教育長賞(最優秀)を受賞した。4日に母親の亜梨沙さんと町役場を訪れ、岡部克仁町長に報告した。斉藤さんのメニューは「ひじきと大豆のトマトドライカレー」で11月1日、町内の小中学校で提供される。

 コンクールには小中学生と保護者が考えた、県産品を使った独自献立260点が集まった。斉藤さんのメニューは同町特産のヒジキを使い、トマトやパプリカもふんだんに入れた。

 咲君は「野菜嫌いの友達も食べられるよう作った」、亜梨沙さんは「栄養のあるトマトを入れ、夏らしくさっぱり仕上げた」と狙いを話した。岡部町長は「石廊崎オーシャンパークのレストランで、『地元の子どものカレー』と売り出せる」と出来栄えをたたえた。

 斉藤さんを除く伊豆地区の入賞者は次の通り。

 【優秀賞】 山口大樹(伊豆の国大仁中1年)

 【優良賞】関太輝(松崎小2年)岡田朋樹(伊東富戸小6年)田京氷彩(伊東宇佐美小6年)

 【写説】受賞メニューを手にする亜梨沙さん(左)と咲君=南伊豆町役場