厚生労働大臣表彰受賞を報告する山田会長(中央)=東伊豆町役場

 ■生活習慣病予防など活動

 東伊豆町健康づくり食生活推進協議会(山田やす子会長、会員41人)が本年度栄養関係功労者として厚生労働大臣表彰を受賞した。6日、太田長八町長に報告した。

 同食推協は、1997年に設立したボランティア団体。町内全小中学校と幼稚園で減塩とエコクッキングの講話、成人対象の生活習慣病予防教室を行うなど、長年の活動が認められた。会員は30~80代で60、70代が中心。

 本年度の受賞団体は全国29食推協で、県内は東伊豆だけ。山田会長が松江市で開かれた全国食生活改善大会・同改善推進員協議会大会に出席し表彰を受けた。

 山田会長と山田倫子副会長が町役場を訪れ、山田会長は「20年の会員の取り組みを認めてもらいありがたい。活動は自分の健康だけでなく人のためになる。さらに上の賞(日本食生活協会の全国表彰)を取れるよう頑張りたい」と話した。太田町長は受賞をたたえ「町の健康づくりにますます貢献してほしい」と期待した。

 【写説】厚生労働大臣表彰受賞を報告する山田会長(中央)=東伊豆町役場