いろう男爵と生みの親の鈴木さん

 ご当地キャラクター日本一を決める「ゆるキャラグランプリ2017」の結果が19日に発表され、南伊豆町の「いろう男爵」が172位に入り伊豆地区トップとなった。投票で3774点を獲得し、前年の444位から大幅に順位を上げた。県内では4位だった。

 男爵は2013年度、町建設課(現地域整備課)のキャラクターとして出発した。デザインした町地方創生室の鈴木恵介さん(36)は結果について「多くの人に知っていただきうれしい。今後も活動の幅を広げてほしい」と話した。

 岡部克仁町長は「応援してくれた人に感謝したい。今後も町同様、さらに上を目指す。日本全国に出向きたい」と述べた。

 グランプリのご当地キャラ部門には約700件のエントリーがあった。投票期間は8月1日~11月10日で同町役場職員の組織票もあり、県山葵組合連合会「わさびのさびちゃん」(156位)を除き伊豆トップだった。伊豆地区の主な結果は次の通り。

 231位 あつお(熱海温泉ホテル旅館協同組合)▽664位 まっちー(松崎町)

 【写説】いろう男爵と生みの親の鈴木さん