ユニホームを受け取り大会本番に向けて激励を受ける選手たち=西伊豆町の西伊豆中

 静岡市で12月に開かれる県市町対抗駅伝(静岡陸上競技協会など主催)に出場する西伊豆町チームの選手発表説明会が22日夜、町立西伊豆中体育館で開かれた。

 選手一人一人にユニホームを手渡し、星野浄晋町長は「町の代表として誇りを持ち、共に練習を重ねてきた仲間の思いを胸に、力の限り走り抜いてほしい」と鼓舞した。

 選手を代表し、芹沢且彦・田子小教諭=一般40歳以上=が「昨年のタイムを1秒でも速く縮め、たすきをつなぐ」と抱負を語った。町チームは、昨年2時間32分20秒で町の部9位だった。

 大会前の12月1日午前11時からは、町役場前で選手壮行会も行う。

 【写説】ユニホームを受け取り大会本番に向けて激励を受ける選手たち=西伊豆町の西伊豆中