ツアーに出発するガイドや参加者=南伊豆町子浦

 南伊豆町ボランティアガイド協会(関本宗一会長)は25日、第2回町民向けガイドツアーを子浦で開いた。地元の魅力を知り観光接客などに生かすのが狙いで、前年度から実施している。民宿などから23人の参加があり、半日掛けて地域の歴史を学んだ。

 「風待ち港で栄えた子浦を訪ねる」と題し寺社を巡った。1793年に松平定信が宿泊した西子浦の潮音寺では、協会の鈴木諭さんが解説に立った。定信に同行した谷文晁の「石廊崎図」の写真などを紹介し、往時の繁栄を伝えた。ツアーの間は強い風が吹き続け鈴木さんは「風待ち港の役割がよく伝わった」と話した。

 【写説】ツアーに出発するガイドや参加者=南伊豆町子浦