来年6月の下田総会の開催計画を協議するメンバー=下田市の道の駅・開国下田みなと

 ■物産展や視察研修も 

 「フラワー都市交流連絡協議会」の下田市総会実行委員会は29日、道の駅・開国下田みなとで第2回運営委員会を開き、来年6月の総会日程案を協議した。

 実行委は来年6月17、18日に開かれる下田総会に向け、9月に市と市内関係団体で立ち上げた。総会のほか、物産展、わがまち紹介、フラワーパーティー、視察研修などを計画している。

 視察研修に関しては、爪木崎、下田公園、ペリーロード、了仙寺を巡り、途中でキンメのあら汁と甘夏ジュースでもてなす案が示された。

 同協議会は、シンボル花を有する全国9都市で構成し、加盟都市の持ち回りで毎年総会を開催している。下田市では前回2009年に開き、加盟都市から238人が来訪している。

 【写説】来年6月の下田総会の開催計画を協議するメンバー=下田市の道の駅・開国下田みなと