期日前投票をする有権者=松崎町生涯学習センター

 ■午後5時までで前回初日並み

 任期満了に伴う松崎町長選の期日前投票が29日、宮内の町生涯学習センターで始まった。初日午後5時までの投票者数は140人で、2013年に行われた町長選の初日分(計142人)とほぼ同じで順調な出だしとなった。

 町長選には前町議の長嶋精一候補(67)=岩地=、有料老人ホーム運営の森ペン候補(72)=江奈=、城西国際大・前副学長の石田益実候補(69)=江奈=の3新人が、いずれも無所属で立候補し、三つどもえの選挙戦を繰り広げている。

 13年の町長選は投票率が過去最低の69・04%、期日前の投票者総数は902人だった。町選挙管理委員会は「三つどもえの選挙戦となり関心は高いので、後半に伸びてくるのでは。投票率は80%程度を見込んでいる」としている。

 投票した有権者の1人は「松崎はこれまでも、これからも観光で成り立つ町だと思っている。新しい町長には、公約をしっかり守ってくれる人を期待したい」と語った。

 期日前投票は12月2日まで同センターで受け付ける(午前8時半から午後8時まで)。

 27日現在の選挙人名簿登録者数は6112人(男2884人、女3228人)。

 【写説】期日前投票をする有権者=松崎町生涯学習センター