福井市長から賞状を受ける土屋さん(左)=下田市役所

 下田の海の魅力を映像で紹介する「第3回伊豆下田ブルーオーシャン・ムービーコンテスト」(伊豆下田世界一の海づくりプロジェクト主催)で、吉佐美の土屋靖幸さん(43)の作品「夏・海・下田」がグランプリ、西本郷の斉藤武さん(47)の「はる・なつ・あき・ふゆ しもだのうみ」が準グランプリを獲得した。30日、市役所で表彰式が開かれた。

 今回のテーマは「下田の夏の海とアウトドアアクティビティの魅力」。2分以内に編集された動画4作品が集まり、市や市観光協会などの関係者が審査した。

 土屋さんは白浜大浜海岸などでマリンスポーツを楽しむ人たちをダイナミックに撮影。表彰式後、受賞について「いろいろな人に見てもらい、下田の良さを知ってほしい」と話した。斉藤さんは、恵比須島や鍋田浜で遊ぶ子どもを介して、四季の海の魅力を伝えた。

 作品は動画投稿サイト・ユーチューブなどで見ることができる。

 【写説】福井市長から賞状を受ける土屋さん(左)=下田市役所