次々と咲き始めたキダチアロエの花=下田市白浜の一色海岸

 下田市白浜の冬の風物詩「アロエの花まつり」(伊豆白浜観光協会主催)が1日、一色海岸で開幕する。会場では既に、約3万本のキダチアロエが次々と開花。鮮やかな赤色でユニークなとんがり帽子の形の花が、一足早く訪れた観光客らを楽しませている。午前9時~午後3時。来年1月8日まで。

 まつりの期間中、会場ではアロエ製品や地場産品の特売があり、名物さんまずしなども並ぶ。千円以上の購入客は景品付きのくじ引きに挑戦できる。3、10、23、24、1月7日の午前11時からみそ汁のサービスがある。特別謝恩サービスデーの17日には、午前11時から先着300人に地元の魚介や野菜をふんだんに使った竜宮鍋を無料で振る舞い、餅まきも行う。

 同協会によると、今年の開花は例年より2週間ほど早く、現在三、四分咲き程度。今月中~下旬に見頃を迎えるという。問い合わせは同協会〈電0558(22)5240〉へ。

 【写説】次々と咲き始めたキダチアロエの花=下田市白浜の一色海岸