イルミネーションを近くで見学する男子中学生ら=下田市大賀茂

 下田市大賀茂の県道沿いの田んぼに、今年も大きなイルミネーションが登場し、ドライバーらの目を引いている。

 地元のまちづくりグループ「大賀茂遊志会」(増田一司会長)が地域を盛り上げようと、2008年から毎年設置している。

 今年は約2万個の発光ダイオード(LED)を使い、円すい形のオブジェを四つ、トンネル形のオブジェを一つ作った。円すい形のオブジェは最大で高さ10メートルある。

 周囲に光源がない暗やみの中のイルミネーションは一段と引き立ち、初めて見る人を「オッ!」と驚かせている。点灯は1月6日までの午後4時半~9時半。クリスマスと大みそかには時間を延長する。

 【写説】イルミネーションを近くで見学する男子中学生ら=下田市大賀茂