観光協会の関係者に固定用の重りを渡す前田理事長(左)=下田市外ケ岡の道の駅・開国下田みなと

 下田市商業協同組合(前田一理事長、組合員47人)は6日、イベント用テントを固定する重り(20キロ)のレンタルを始めた。市観光協会に管理・使用手続きなどを委託して低価格で貸し出し、市内の行事に役立てる。

 4年前から同協会を通してテントの貸し出しを行っていたが、固定用砂袋が扱いづらいという声があり、専用の重りの導入を決めた。30個用意してあり、レンタル料は1個250円。

 前田理事長は同日に外ケ岡の道の駅・開国下田みなとにある同協会事務所を訪れて、重りを渡した後「黒船祭などのイベントで自由に使ってほしい」と話した。

 貸し出しの申し込みは同道の駅〈電0558(25)3500〉へ。

 【写説】観光協会の関係者に固定用の重りを渡す前田理事長(左)=下田市外ケ岡の道の駅・開国下田みなと